FC2ブログ

LOVE×LOVE RUBBER ~ラバーフェチの告白~

ラバーフェチであることに悩み、抑制してきたけれどやっぱりやめられない。人生後半戦に突入した中年男が沈黙を破り、過去から現在までのフェチへの思いや、プレイの快楽を激白!! *20歳未満の方はご遠慮ください

羞恥プレイ?②

myu

ミュウはドアの外で静かにしている様だ。

しばし一服・・・。5分ほど経過しただろうか。

ドアを開けて覗いてみると全身ラバー女は大人しく
鎖につながれ、立っていた。

「おい、誰かにあったか?」

「いいえ」

「なんだ。面白くないな」

「では、下の受付のおばさんのところに行ってドライヤーを借りて来い!」

ミュウは首を何度も横に振って拒否した。

「・・・できません!・・・」

「ダメだ!早く行って来い。」

「じゃあ、俺がエレベータのところまで見送ってやるから!」

首に繋いであるチェーンを引っ張ってエレベータの前までやってきた。

▽のボタンを押した。

昼間の空いている時間だったので、オレ自身まさか
人が乗ってくるとは思っていなかった。

エレベータの前で拒絶するミュウを引っ張っていたら
エレベーターのドアが開いた。

そこには、なんと!掃除のおばさん達がぎっしり
10人くらい乗っていた!

その人数の多さにこっちがビビッた!

ミュウはラバー&ガスマスク姿を皆に見られてしまったのだ。

後ずさりしていくミュウ。

あわてたオレも「あっ!ああすみません。どうぞ行ってください!」

そんな満員のエレベータには乗れなかった。

「ミュウめ!オレに恥ずかしい思いをさせやがって!」

「すみませんでした。でも恥ずかしくってアソコ熱くなりました・・・」

「オレは冷汗かいたよ」

結局ドライヤーは取りにいけなかった。・・・

これも立派な羞恥プレイといえる!?・・・オレも恥ずかしかった。
rublove

テーマ:ラバーフェチ - ジャンル:アダルト

  1. 2007/01/27(土) 21:47:22|
  2. ラバープレイ!!
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ

プロフィール

ラバ丸

Author:ラバ丸
・ラバー&窒息フェチ
・S:M=30:70

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

ご高覧ありがとうございます!

現在の閲覧者数:

FC2カウンター

カチッとクリックお願いします!

FC2ブログランキング

ラバ丸の気になるフェチアイテム

フェチ外来 マダムとおしゃべり館 たんぽぽ FC2動画 人妻専門ライブチャット CHATPIA

カレンダー

12 | 2007/01 | 02
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

ラバ丸にメール

内緒話はこちらまでどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

画像の無断使用・転載厳禁!

当ブログで掲載している画像の無断使用、転載は固くお断りします。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

月別アーカイブ