FC2ブログ

LOVE×LOVE RUBBER ~ラバーフェチの告白~

ラバーフェチであることに悩み、抑制してきたけれどやっぱりやめられない。人生後半戦に突入した中年男が沈黙を破り、過去から現在までのフェチへの思いや、プレイの快楽を激白!! *20歳未満の方はご遠慮ください

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ラバー&窒息大好き

お気に入りのプレイはラバー&窒息・・・
思い出の画像を今日もUP!
ラバーボンデージ&窒息1

キャットスーツの上からラバーロープで完全拘束。
そしてビニール袋で窒息責め。
自分ではビニール袋を取り外すことはできない。
徐々に苦しみだすこの光景は思い出すだけでも異常に興奮してしまう。
ラバーボンデージ&窒息2

俺自身、このラバー状態での窒息が最高の快楽だからこそ、
相手にも同じ苦しみと快楽を味あわせてやりたくなるんだよ。
ラバーボンデージ&窒息3
スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

テーマ:ラバーフェチ - ジャンル:アダルト

  1. 2007/07/01(日) 00:44:36|
  2. ラバーフェチ奴隷
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

ラバー奴隷と暫しお別れ

myuとコンタクトはとっていたものの
最近、体調が優れない為、完治するまで暫しお別れ。
また、元気になったら沢山責めてあげようと思う。

myu4

思い出の調教画像がもう少しあるので、UPしていきたいと思う。
イヴイヴ奉仕1

イヴイヴ奉仕2

テーマ:ラバーフェチ - ジャンル:アダルト

  1. 2007/06/25(月) 22:26:33|
  2. ラバーフェチ奴隷
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ラバー奴隷 インフラタブルマスク初挑戦

インフラタブルマスク1

室内の温度も上がってきている。
もっと冷房効かせればいいのだがここはあえて我慢!

次はインフラタブルマスク初挑戦である。

シュポッ、シュポッ、シュポッ・・・空気を入れていく。

徐々に膨らんでいくのを見て楽しむ。

自分以外の者がこのマスクを被るとは予想もしていなかった。

自分が窒息&圧迫感を楽しむことはあっても、
それも目の前で同じ状態を味あわせるなんて・・・。

ワクワクするものだ。

「どうだ、被り心地は」

「気持ちいいか?」

「・・・はい・・・」

「圧迫感が気持いいだろう」

コクリとうなずく。

パンパンに膨れ上がったマスクはラバーの光沢がより一層映えてくる。

このゴム風船の中にミュウの顔が圧迫され、閉じ込められているのだ。

唯一外気と接触できるのは呼吸用のチューブが1本あるだけ。

俺はこのチューブに細工をした。

窒息感をより楽しめるように、チューブの先端にラバーを張り
3mm程の小さな穴にしてある。

この僅かの呼吸口から全身へ酸素を取り込まなければならない。

そう長時間は耐えることが出来ないはずだ。

自分が被っていてもせいぜい30分くらいだ。

初めてのミュウはいったい何分耐えられるだろうか・・・・

テーマ:ラバーフェチ - ジャンル:アダルト

  1. 2006/11/11(土) 12:01:19|
  2. ラバーフェチ奴隷
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

十字架貼り付け&窒息プレイ

十字架&窒息

先ずは恒例となった十字架貼り付け&窒息責め。

徐々に窒息時間を長くしてきた。さあ今日は何分耐えられるか?

苦しみだすのに約2分、そこから地獄がはじまる。

ミュウはこれを恐怖だと言う。

自分ではビニール袋を決して取りはずすことが出来ないのだから・・・

苦しみだして悲鳴を上げる様子をじーっと静観する。

ビニール袋がピタっと顔面に張りつき、
袋の中の二酸化炭素すら、全く吸えない。

3分以上が経過・・・

それでも必死に呼吸しようともがき苦しむ姿を見て
オレは異常に興奮する。

大声で叫ぶ。「はずして!苦しい!」

被せている時間がどんどん時間が長くなっていく。

足腰がふらつき、まっすぐ立っていられない状態になる。

おっとやばい、見とれている場合じゃない。

気を失う前に外してやらないと・・・。

テーマ:ラバーフェチ - ジャンル:アダルト

  1. 2006/11/07(火) 23:14:05|
  2. ラバーフェチ奴隷
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

ラバー奴隷の調教part3 ⑥

ラバー奴隷奉仕1

奉仕
そのまま直ぐに、ミュウを四つん這いにさせた。

「さあ、奉仕の時間だ。」

「はい・・・」

「また上達したかチェックしてやる」

オレは頭を押さえつけ、オチンチンを銜えさせた。

彼女は頬張り顔を前後に動かし始めた。

前歯で先っちょをカリカリする感触・・・たまらない。

「うーん、気持ちいいぞ。また上達したなあ」

オレは、たまらずミュウの頭を両手で掴み
ピストン運動を加速させた。

寂しい話だが、正直年をとったせいか、
イクのに時間がかかるようになった・・・。

それでも、休むことなく続けさせた。

もちろん四つん這いの状態のままだ。

きっと顎も相当疲れているだろう。

何よりも勝る調教かもしれない。
ラバー奴隷奉仕2


10分以上が経過しただろう。

流石にオレの呼吸も荒くなってきた。

「うううううっつ!いいぞ!その調子だ!」

オレの呼吸も荒くなる。

両足が攣りそうになるほどピーンと力が入る
「いい~っ! いくぞ~!!」

ドッピューン!・・・・・・・

ぐったり・・・・

「ミュウ、上達したな」

「はい・・・」

ミュウは自分がイクだけでなく
奉仕することに喜びを感じる忠実な奴隷である。

テーマ:ラバーフェチ - ジャンル:アダルト

  1. 2006/10/28(土) 22:41:29|
  2. ラバーフェチ奴隷
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

ラバ丸

Author:ラバ丸
・ラバー&窒息フェチ
・S:M=30:70

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

ご高覧ありがとうございます!

現在の閲覧者数:

FC2カウンター

カチッとクリックお願いします!

FC2ブログランキング

ラバ丸の気になるフェチアイテム

フェチ外来 マダムとおしゃべり館 たんぽぽ FC2動画 人妻専門ライブチャット CHATPIA

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ラバ丸にメール

内緒話はこちらまでどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

画像の無断使用・転載厳禁!

当ブログで掲載している画像の無断使用、転載は固くお断りします。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。